かわはら行政書士オフィス 〜川崎市役所至近の行政書士事務所です〜

KAWAHARA GYOSEISHOSHI LAWYER OFFICE     死後事務委任契約については当事務所にご相談下さい                                    TEL:044-201-1236/FAX:044-201-1544

      営業時間10:00〜18:00(平日)

                 〒210-0004 神奈川県川崎市川崎区宮本町6-4ウィング宮本町201号








民法(相続法)が改正されます


詳しくはこちら 



       

死後事務委任契約ってなに?



死後事務委任契約とは、委任者が受任者に対して、死後の葬儀や埋葬等に

関する事務を委託し、その委託に係る事務につき代理権を付与するもの

です。生前の財産管理等委任契約とともに、死後の死後事務委任契約を一つ

の契約として締結することもできます。


委任契約は原則として委任者または受任者の死亡によって終了し、また当事

者はいつでも解除することができますが、死後事務委任契約は、委任者の死

亡によっても委任契約を終了させない旨の合意をした契約といえます。


死後事務委任契約の内容としては、短期で完了する事務と長期間続く事務の

2つに分けることができます。


<<短期の死後事務>>

  @水道代・電気代・ガス代等の光熱費の支払い

  A入院費・治療費・施設利用料・家賃等の支払い

  B葬儀・埋葬等に関する債務の弁済

  C自宅や介護施設等の片付け           など


 <<長期の死後事務>>

  @永代供養

  A年忌法要                   など


さらに死後事務委任契約の内容として、通夜・告別式の場所や読経をお願い

する寺の指定、埋葬・納骨の場所の指定などもできます。

ご家族がいらっしゃれば上記のような死後事務をやっていただくことは可能

ですが、そうでない場合(ご家族がいない場合ご家族も身体が不自由で

こうした事務を任せることができない場合)にはどうすればよいのでしょ

うか?                               

そのような場合には、信頼のおける親族や知人を受任者として死後事務委任

契約を結んでおけば安心です。


※死後事務委任契約書作成サポートの報酬についてはこちら⇒






<<死後事務委任契約を公正証書で作成するメリット>>


  死後事務委任契約書は、公正証書で作成することをおすすめします。  

  公正証書で作成をしておけば、自分の意思で作成したという点を明らか


  にでき、死後事務を行う際に相続人や親族とトラブルになるリスクが減


  るとともに、役所等での手続きもスムーズに行えます。



※公正証書の説明についてはこちら⇒