かわはら行政書士オフィス 〜川崎市役所至近の行政書士事務所です〜

KAWAHARA GYOSEISHOSHI LAWYER OFFICE     財産管理等委任については当事務所にご相談下さい                                    TEL:044-201-1236/FAX:044-201-1544

      営業時間10:00〜18:00(平日)

                 〒210-0004 神奈川県川崎市川崎区宮本町6-4ウィング宮本町201号








民法(相続法)が改正されます


詳しくはこちら 



       

財産管理等委任契約ってなに?



財産管理等委任契約とは、委任者が受任者に対して自己の財産の管理に関

する事務の全部または一部について代理権を付与するものです。

財産管理等委任契約は、任意代理人を選任して代理権を付与する契約なの

で、本人の判断能力が低下していない場合でも直ちに利用することができま

す。(精神上の障害はなくても身体上の障害がある場合に、代理人に契約等

の法律行為を行ってもらうこともできます。)

つまり、任意後見契約を締結したけれども、それが発効するまでの間につい

ては、財産管理等委任契約を利用するといったことができます。


なお、財産管理等委任契約を締結したからといって、本人の行為能力自体が

制限されるということはありません。また、家庭裁判所等の公的機関が受任

者の行為を監督するなどの関与をすることもありません。(必ずしも置く必

要はありませんが、受任者の事務の履行を監督する監督人を選任することも

可能です。)


※財産管理等委任契約書作成サポートの報酬についてはこちら⇒






財産管理等委任契約書はどのような形式で作成しても有効ですが、対外的な


信用力や、契約の効力が争いにならないようにすること等々を考慮し、公正


証書で作成することをおすすめします。また、ご自身が判断能力を失ったと


きに備えて任意後見契約といっしょに作成することも併せておすすめしま


す。


※公正証書の説明についてはこちら⇒


※任意後見契約書作成サポートについてはこちら⇒